アイテム一覧

ほめ笑いを体験できるオリジナルのツールを企画開発しております。

どなたでも簡単にほめ笑いを体験できます。​

一人でも「ほめカード」「自己紹介ほめトランプ」を

使ってほめる練習ができるのが特徴です。

​<カード>

ほめカード

ほめる・ほめられる体験をゲーム感覚で気軽に楽しめる『ほめカード』。

カードに書いてあるほめ言葉を使って、

ほめたり、ほめられたりします。

53枚あり、それぞれに別な質問が書いてあります。「ほめトランプ」に書いてある事柄について、自分で思いついたことを、ほめて紹介していきます。

お母さんが大好きなひかるくんは

ある日、お母さんにほめられて、うれしい気持ちが胸いっぱいに​ひろがります。

​そんなひかるくんのお話しです。

ほめカード

ほめる・ほめられる体験を ゲーム感覚で簡単に楽しめる「ほめカード」。

地球ほめ笑い企画によるオリジナルのカードで 2012年12月に誕生しました。

「ほめカード」の一枚一枚にあらかじめほめ言葉が書いてあります。

そのまま「ほめカード」に書いてある言葉を読むだけで、ほめたりほめられたりすることができます。

 

・ほめる大切さはわかっていても なかなかうまくほめられない・・・

・ほめられても 「イエイエ」と謙遜してうまく受け取れない・・・

・もっとほめる自分になりたい・・・

・もっといっぱい ほめられたい・・・

 

このようなご意見をいただき、ほめてほめられる練習のできるツール

「ほめカード」をつくるきっかけとなりました。

 

出会ってすぐに ほめるところをさがしてみるけれど なかなか思いつかない・・・

そういう方には「今日お会いできてうれしいです」というほめカードはいかがでしょうか?

「ほめカード」は 存在をそのままありのまま認める言葉が書いてありますので

どなたにも当てはまります。

 

一番先にできた「ほめカード」は「生まれてきてくれてありがとうございます」というカードでした。 

この地球に誕生し 今の地球に存在している方に この言葉が当てはまらない方は誰ひとりいらっしゃいません。


「ほめカード」は一人でもペアでもグループでも使えます。

また 遠く離れた方にも使うことができます。

 

「ほめカード」の言葉に、そうかもしれない・・・そうなんだ・・・そうにきまってる・・・

 

と、変化して受け取るようになるかもしれません。

皆 今の自分が丁度良い自分なので タイミングもあります。

気長に使ってみていただけたらと思います。

ほめカード紹介動画

使い方動画

褒めるカード背景

​ほめカードの使い方

1.

カードは2種類あります。A ほめカード(ハート)​ほめる言葉が書いてあります。B サポートカード(五つ葉)ほめる条件が書いてあります。​

3.

一番最初にカードを引く人を決め、ほめカード1枚とサポートカードを1枚引き、サポートカードの条件のとおりほめてもらいます。

2.

ほめカードを放射状に並べ、サポートカードは中心に重ねておきます。​​目をとじ静かな時間をとります。ご自分の本質部分に光が注がれるのをイメージしてみましょう。

4.

終わりましたら引いたカードは場に戻します​(少しシャッフルして戻す)時計回りで次の方も同じように1枚ずつ引き、順番にほめてもらいます。

おひとりで使用する場合の参考例

☆ 鏡の前でカードを引いて、笑顔でご自分のことをほめます。
  最初慣れない場合もだんだんご自分がそれにふさわしく感じられるようになっていくことでしょう。
☆ 朝の気分のよい時間にカードを引いてほめ言葉を言い、
  一日の始まりをキラキラのご自分でスタートさせます。
☆ 夜のお休み前にカードを引いて、ご自分をほめます。
☆ 子どもの時のご自分をイメージしてカードを引いて、その子をほめてあげます。
☆ 特定な方をイメージしてカードを引いて、その方の名前を言い感謝のことばを伝えます。
  そのあとにほめ言葉を言います。

ほめプラカード

2.jpg
1.jpg
S__4292748_edited.jpg

​☆このアイテムは「ほめカード」を既にお持ちの方への限定品となります。

「ほめプラカード」は A4サイズのラミネート加工してあるほめカードとなります。

ほめカードより大きいサイズなので 高齢者施設やイベント等で喜ばれています。

 

ほめプラカードの言葉は ほめカードを少しアレンジしてあります。

100枚ありますので 100枚を使用してのイベントにも使うことができます。

お互いにほめプラカードをもち ほめあうと笑顔の花でいっぱいになります。

 

ご注文は20枚より100枚まで承ります。20枚3300円となります。

20枚・40枚・60枚・80枚・100枚でお申し込みください。

最初の20枚をお持ちの方は 40枚目からの 20枚というようにお申し込みください。

手作業になりますので 受注作成となります。お時間がかかることもあります。

詳しくはお問い合わせください。

白紙ほめカード

白紙ほめカードは ほめカードの文字が書かれていないものとなります。

裏面のハートは同じ模様です。

白紙ほめカードに ご自分で考えたオリジナルのほめ言葉を書いて、既にあるほめカードにプラスして使うことができます。

例えば、子ども用に 白紙ほめカードに ひらがなでわかりやすいほめ言葉を書いて 「子どもほめカード」を作ることもできます。一緒に遊ぶととても喜んでくれます。12枚 24枚 36枚と増やしていくのも楽しいです。


「自分のオリジナルのほめ言葉があるととてもうれしいです」とご感想もいただいています。

その他、メッセージカードとしてほめ言葉を書いてプレゼントしたり、自分用にほめ言葉を書いてディスプレイしたり、多様な使い方を楽しめます。

12枚セットで550円プラス送料となります。練習用に数枚多めに入っています。

ほめカードと一緒にご注文ですと送料はかかりません。

※白紙ほめカードは 以前の①四隅が四角のものと 新規の②四隅が丸いものと2種類あります。

 既にほめカードをお持ちの方は、ご自分のほめカードをご確認の上 お申し込みください。

 

​自己紹介ほめトランプ

「自己紹介ほめトランプ」は、質問に対して「ほめて自己紹介」していくトランプカードです。

地球ほめ笑い企画により、2019年にオリジナル「自己紹介ほめトランプ」

として誕生しました。

53枚あり、一枚一枚異なる質問が書いてあります。

自分をあらゆる角度から見つめて、良き側面に焦点を当てて紹介していきます。

本来のすばらしい自分を発見していくツールともなっています。

おひとりでも、ペアでも、グループでも使えます。

ほめて自己紹介をしたら、周りは拍手をいっぱいし、応援・祝福していきます。

多様なアレンジで楽しむことができます。

どんな些細なことでも、自分の口から出た言葉を拍手をもらい、祝福・ 応援されることは、自分に自信ができ勇気が出てきます。

「これでいいのだ」「このままの自分でいいのだ」という安心感が生まれ、

ひかりがそこに注ぎ込まれていきます。

「自己紹介ほめトランプ」は、互いに寄り添い、応援しあうスタンスをとるようにしています。  

トランプ紹介動画

使い方動画

 
褒めるトランプの背景

​自己紹介ほめトランプの使い方

1.

一枚のほめトランプには 「あなたのおばあちゃんをほめて紹介してください」 と書いてあります。おばあちゃんの一人を特定し 「母方のおばあちゃんは〇〇な人でした。いつもおいしいおやつを作って食べさせてくれました。時々話してくれる話がおもしろくて二人で笑っていました」 というように、ほめて紹介します。周りの人は いっぱい拍手をして、祝福し、応援していきます。

3.

グループで使うときは、ほめトランプを場に重ねて、各人が一枚ずつ引き、裏面にして文字面が見えないようにしておきます。自分の番がきたら裏返して文面を読み、それについてほめて紹介していきます。周りの人は、拍手・祝福・応援します。 互いに認めあい、今までその人の知らなかった一面も知ることができ、より親近感が増していきます。

2.

ペアで使うときにはこんな使い方もできます。例えば「このことを聞いてみたい」というカードを10枚ずつ 手持ちにし、ババ抜きのように相手に1枚引いてもらい、 それについてほめて紹介してもらいます。交代しながら話していきます。質問しにくいこともカードがあることによってゲーム感覚で聞くことができ より人間性を理解できます。婚活やご夫婦で使ったりできます。

4.

自分ひとりで全部のカードに答えていくこともできます。ちなみに一人で全部の質問に答えていくと、30分ほどかかります。内観にもなり、終わった後すっきりとします。同じカードでも毎回違う内容になることもあります。それはそれで楽しいものです。

≪絵本≫ほめられるってうれしいな

【地球ほめ笑い企画】ほめられるってうれしいな 絵本

作者のことば

小学生のとき 先生からほめられたことを 大人になった今でも覚えています。ほめられることって とってもとっても 大切なことなんだな…と思います。 また、ほめられるのを待っているのではなく、自分からほめていくことで、うれしさが伝線していくことも 経験しています。ほめられた人は、自然に にっこり笑顔になっていくから…。ほめたり ほめられたりして、ニコニコ笑顔が広がって みんなしあわせになっていけばいいな…と、この絵本を書きました。ひかるくんとおかあさんのほめるほめられる、楽しいお話です。

画家のことば

ひかるくんは 5才の男の子がモデルになっています。 お母さんが大好きなひかるくんの気持ちになって描きました。大人になると忘れがちになりますが、ひかるくんのようにお母さんを大好きな気持ちを素直に言葉にできることって素敵だなって思います。

Happy to be praised

Picturebook reading