地球ほめ笑い企画のワークショップ一覧

ご感想

各講座を受けられた方々にご感想をいただきました。

こちらで紹介させていただいているほか、最新のご感想はブログにて随時更新中です。

マークは、「ほめカード講師」です。

ほめカードのご感想

1.jpg
東京都 青木恭子様

ほめカードに出会って人生が変わります。今まで自分を責めてばかり卑下してばかりいたけれどこんな自分も案外イケてるかも!!と、自分自身を受け入れられるようになりました!!

そして自分を好きになる! そんな難しい課題もクリアできました。何度引いても毎回新鮮なほめカード!誰からいただくのか決めてその人を思って引いてみるとドンピシャな言葉と出会います。

ほめカードを引くと笑顔になれる 不思議なカードです!!

山形県 J.A様

ほめカードはズバリ癒しだと思います。

*不安だけど挑まなくてはならない時

*自分に強く自信をつける必要がある時

自分が特に好きな言葉のカードを枕元に置いて寝たり バックの中に入れ持ち歩いてみたりしてます。

自身の体験ですごく救われたのが事実だから まだほめカード&自己紹介ほめトランプを知らない人達で 心に元気がなかったり 孤独を感じてたりしてる人に広まって少しでも元気になってほしいです。
そんな訳で陰ながら ほめカード&自己紹介ほめトランプを応援しています。

北海道 M.M様

現在小学校五年生の担任をしています。

毎日、朝の会で日直がカードを引きます。引いたカードを一日中黒板にはっています。

子どもたちは、初め、少し照れる様子もありましたが、今ではその日のカードを日直が読み上げると自然と拍手がわいています。日直も嬉しそうに引いています。

カード紹介のあと、そのカードにまつわる話を私から少しするときもあります。みどりのサポートカードも一緒に引いた日は、お互いにほめ合って嬉しそうにしています。

毎朝、このカードの言葉を言うようになって、子どもたちの表情が柔らかくなりました。友達への接し方が上手になってると思います。40人の学級なので、毎日40人がほめカードの言葉に触れています。

実はもうひとつ!去年、2年生を持ちました。人数が23人と少なかったので3学期に全員に1枚ずつ配ってみました。

読めない漢字もあったので、一人ずつ読んであげると本人も周りで聴いている子どもたちも、キャーキャー言って喜んでいました。なんとなく、それぞれの雰囲気にぴったり合ったカードになったんです!

後日、保護者懇談会があり、保護者にも配りました。読み合ってもらうと和やかな雰囲気になり、お母さんたちも、嬉しそうでした!

今度は自己紹介ほめトランプのほうにも挑戦したいなぁと思ってます!

ありがとうございます。本当に、ご縁に感謝します。

岩手県 佐々木寿子様

ほめカードは、誰かの為に読んでも、自分のために読んでも心がほっこり温かくなり、優しいキモチになります。
私はしあわせカードとよんでいます。

愛知県 山森みさこ様

笑いヨガの中で、ほめカードを活用するのは長年継続しています。
日本人にありがちな謙遜からほめ言葉を否定していた人々が「ありがとう」「嬉しいです」とそのまま受け入れるように変わりましたし、習慣化することで恥ずかしさが軽減されていく気がします。
その他、クリスマスや新年会などのイベント時、白紙ほめカードにメッセージを書いてお渡ししたらたいへん喜ばれました。友人への手紙に添えるのも気持ちが伝わって重宝しています。

三重県 杉本郁子様

毎月訪れている障がい者施設では、利用者さんの引いた「ほめカード」を、施設の先生方に一人一人目を合わせて読んでいただきました。
2回目より3回目、3回目より4回~10回。回を重ねる度に大きな変化がありました。
両耳を塞いでる子が、両耳でほめ言葉を聞いて喜んだり、何時も隠れていた子がほめ言葉を受け取って、両手で喜びの拍手。
また、本人以外に両隣の子達も、喜びの拍手!
みんな、ほめられる事に、嬉しさを感じています。
施設の先生より「ほめカードでミラクルシーンをありがとうございます」と、お礼の言葉をいただきました。
この魔法のカード、ほめカード!
言葉のプレゼントに、ピッタリのカードです。

 

自己紹介ほめトランプのご感想

5.jpg
神奈川県 岡野万里子様

今までの「自己紹介」を覆すようなほめトランプは、私の行うほめ笑い講座でも大活躍してくれます。

ついでに、脳も活性化されます。 

ほめ笑い講座では、初参加の方でも、年齢や職業などはお伺いせず、

ほめトランプに書かれている質問に答えて頂きます。 

年齢やご職業などを聞かなくても、その方のお人柄が伝わってきます。むしろご自身で答えて頂く長所や短所、自己PRは、少し緊張感と堅苦しさがありますが、温かなその方の本質が見えてきます。

 そして、普段考えもしないような質問内容が書かれているので、頭の中がグルグル。脳の血流が巡り出すのが分かります(笑)。

そして、その質問に対して自分でほめて紹介するので、全身の血流も喜びまわっていくようです。

 ほめトランプの質問に慣れてくると、どれだけイメージを膨らませて、楽しむか。というチャレンジにもなっていきます。トランプとして遊びながらも出来るので、工夫しだいで、いかようにも遊べるとても画期的なカードです。

 トランプの柄は、フラワーオブライフが描かれていて、とても縁起の良い感じです。見ているだけでも心がワクワクしてきます。 

使い方も遊び方、答え方も、緩やかに、朗らかに、ダイナミックでハッピーに、ついでに人生も変化させていきたいと思います(^^)

福島県 石田益子様

自己紹介ほめトランプは、質問に対して自分からとっさに出た言葉がびっくりするようなことでも、自分の直感で出た言葉が本当は思っていたことなのだろうとすっきりしました。 恥ずかしくて口に出せないことも、自己紹介ほめトランプのおかげで話せて、氣づきをもらうことができ感謝しています。

広島県 加度智子様

ほめカード講師になってから 毎日「 ほめカード」と「自己紹介ほめトランプ」を 一枚ずつ引いては日記のようにノートに書き留めてきました。 
同じほめトランプを引いたとしても、思い浮かぶことがその都度違っていてその瞬間のひらめきがとてもおもしろいです。
自己紹介ほめトランプは、質問に答えてから書きとめていますが、読み返していくうちに自分が変化していく様子も出ていてビックリしています。
同じほめトランプが出ても、毎回答が違うのでやればやるほど自分の新しい側面が見えてきます。 
ほめカードと自己紹介ほめトランプの両方からの相乗効果で 自分に向き合える楽しさと居心地よくなる自分に喜びを体感しています。
トラウマだったはずが、良い思い出のヒトコマでもあったんだなぁ~・・・
そのように思えてきだして、自己紹介ほめトランプの良さを凄く感じています。

埼玉県 宮岡久美子様

知り合いと、自己紹介ほめトランプをやってみたいというので やってみました。
彼女がぽつりと「私の周りって、思った以上にいいことあるんだね」と

なんともいえない穏やかな顔でつぶやいてくれました。
なにか、思うところ、感じるところがあったんだなぁ~。
「当たり前」に思える日常の中から「キラキラ」を思い出させて くれる素敵なトランプ~。

 

ほめ笑い講座ご感想

20292915_1615808545118715_23926534222756
山形県 いとうじゅんこ様

心がザワザワして、落ち着かなかった時に、「地球ほめ笑い企画」制作の”ほめカード”をつかった、ほめカード講師小林美保さん主催の『ほめ笑い講座』に参加しました。ベストタイミングとしかいいようがありません。
「地球ほめ笑い企画」さんは、「ほめること」や「笑うこと」で、地球を愛とひかりいっぱいにします。という理念でこのカードをお作りになられたそうです。
なるほどー、”ほめカード”を引くとすべてが自分を肯定してくれる言葉なのです。
しかも美保さんによると、脳は一人称二人称の区別がつかず言われたことを自分に言われたと勘違いしてしまう。

だからこの講座の間に、お互いに引き合ったカードを言葉に出して言うたびに、癒しのシャワーをいっぱい浴びた心地良い気持ちになれたのですね。
「ほめカード」を通じて主催者さまと他の参加者さまの優しさが”じ~ん!”と胸に伝わってきました。おかげさまで”ほめカード”パワーでキラキラの私に戻れました。
自分の生まれ持った本質もありますが、どんな環境に身を置くかでしあわせや豊かさを受け取りやすくなりますね。

素敵な講座を開催してくださってありがとうございます。

宮城県 本多純子様

ほめカードは、ラフターヨガの最後に使ったりしていましたが、自己紹介ほめトランプはうまく活用していませんでした。今回ほめ笑い講座を受講して、気が付いたことがたくさんありました。

・ほめカードには、たくさんのほめ言葉が書かれている。

普段の生活のなかでほめ言葉を使っていても、こんなにバリエーション使っているかなぁ?と思うとそうでもなかったことに気付く。

・自己紹介ほめトランプは、「ほめて紹介する」を繰り返すことで、意識を向けるポイントが自然とポジティブな方へシフトしていくクセがつく。

共通して思ったことは、手軽に楽しみながら、たくさんのほめ言葉と、よきところに焦点が向くようになること。

また、活用のしかたで少しずつ自分を知ることができたり、いろいろな存在とつながるワークショップも自然とできること。

「ありのままを認める」って、なかなか難しくて人間関係で悩んでいる方が多くいるなか、たくさんのワークやセミナーがありそれぞれご活躍されて素晴らしいと思いますが、ほめ笑い講座では楽しみながら自然と「ありのままを認める」ことや「自己肯定感」が身に付いてくると思います。

子どもからご高齢の方まで幅広く活用できると思います。

地の時代から風の時代へシフトして波動が変わっていると言われているこれからは、ますます言葉の波動が大切になってくるので、たくさんの人からほめ言葉があふれだすと、きっと地球は軽やかに愛の星になるなぁ。と思いました。

たくさんの人に伝えて、お役に立てるといいなぁ。

 
オンラインほめ笑い講座ご感想 3名さま

・ほめカードの使い方は無限だと、再確認できました。

自分でひく、人のためにひく、半年後の自分から、ちょっと苦手な人から等々、いくらでもできますね。そしてそれが全部ほめ言葉素敵です。心も体もぼかぼかになりました。ありがとうございます。

今日は本当に有り難うございました。

・1回目より2回目、回を重ねる度、自分に素直に、そして優しく、過去も現在も未来の自分を受けとめて、認めて、ほめてあげられる、そんな講座と思いました。

また次回の自分に会える事、皆様に会える事楽しみです。本当に有り難うございました。

 

・ありがとうございました。

zoomの画面越しでもしっかり心、言霊が届き、ほめられる喜びや嬉しさを感じることができました。

一人でも活用して自分自身をほめてあげようと思います。まずは枕元に置いて一日の終わりにほめ言葉をかけてあげて眠りたいと思います。

オンライン講座ご感想

20292915_1615808545118715_23926534222756
新潟県 あまのそうこさま

2020年春、日本中が新型コロナウィルスの影響で自粛生活を余儀なくされる中、私は4月末にはほめカードをオンライン(ズーム)ではじめていました。

地球ほめ笑い企画のアイラさんと珠喜さんに相談しながら、どのような形でできるだろう??

カードを持っていない人にはどんなふうに対応したら良いだろう?

いろいろ相談しながらでしたが、外出がままならない、不自由な生活の中でのほめカードは本当に喜ばれました。

前からほめカードというものは知っていたけれど、どこで、誰が教えてくれるのかわからなかった。

それが、オンラインでなら離れていても、自由に受けられる。

Facebookで呼び掛けたところ、日本各地の方々が集まってくださいました。最初はあまりにも人数が多くて、グループ分けをするほどでした。

私たちの世代は、ほめる、ほめられるということが苦手です。

親世代がそうやって育ってきたのですから無理もありません。

ほめられても素直に受け取れない人も多いです。

それでも、ほめカードのワークをしているうちに、皆さんの顔が明るく柔らかくなっていくのを感じます。泣かれる方も多いです。ほめカードは、そのままのあなたを丸ごとほめてくれます。

みんなでほめあって、最後はとびきりの笑顔で終わります。

私自身も「私なんか・・・」と思って生きてきました。

それが、ほめカードですごく変わったと思っています。

私はここにいて良いんだ、と思えるようになりました。

ほめカードをたくさんの方に知ってほしい。

ほめカード講師で良かったと思っています。

オンラインほめ笑い講座ご感想 3名さま

・ほめカードの使い方は無限だと、再確認できました。

自分でひく、人のためにひく、半年後の自分から、ちょっと苦手な人から等々、いくらでもできますね。そしてそれが全部ほめ言葉素敵です。心も体もぼかぼかになりました。ありがとうございます。

今日は本当に有り難うございました。

・1回目より2回目、回を重ねる度、自分に素直に、そして優しく、過去も現在も未来の自分を受けとめて、認めて、ほめてあげられる、そんな講座と思いました。

また次回の自分に会える事、皆様に会える事楽しみです。本当に有り難うございました。

 

・ありがとうございました。

zoomの画面越しでもしっかり心、言霊が届き、ほめられる喜びや嬉しさを感じることができました。

一人でも活用して自分自身をほめてあげようと思います。まずは枕元に置いて一日の終わりにほめ言葉をかけてあげて眠りたいと思います。

 
 

ほめカード講師の体験レポート

20292915_1615808545118715_23926534222756
神奈川県 井上佳恵様

『ぜひ、ほめカードに出逢ってほしい』

私は初めてほめカードに出逢った時、「なんて綺麗な素敵なカード、私も欲しい」と思いました。

そして、そこに書かれた言葉を読み上げ、場の仲間に声をそろえて言っていただいたときの幸せな気持ちや、あたたかさ。あの時の感覚は忘れられません。

「ほめる」ってできそうでできなかったり、まして自分にほめ言葉なんて考えたこともない日々を送っている方が多いことと思います。

でも、このカードが生活の中にあるだけで、「素直な自分」「一生懸命やっている自分」「優しい自分」など、たくさんの自分に出逢えます。

自分に向かって1枚ひいて、声を出して読むだけで、1日が笑顔のスタートになります。

そして、カードを読むだけで、抵抗なくほめ言葉が口にできるので、初めて出逢う方とも優しいひとときが過ごせます。

だから講座で出逢う素敵な仲間と共に、ちょっとした新しい視点や幸せ感を共有できるのです。

そして、ますます幸せな気持ちになり、心も身体もあたたかくなるのです。

さらにカードによって、そのつど話題が変化するので、何回講座に参加しても、毎回新しい発見、新しい自分、新しい仲間と出逢うことができます。

もちろん講座でなくても、ご自分の生活の中で、いろいろ活用できます。

活用しだいで、いくらでも幸せが拡がる「ほめカード」。

どんな時でも、肩の力を抜くことができる、あなたに寄り添うカードです。

ぜひ、多くの方々にこのカードに出逢ってほしいと思います。

山形県 小林美保様

ラフターヨガクラブに参加した時に、はじめて、ほめカードに出会いました。

心が暖かくなって、ほっこり♡・・・。なんて素敵なカードだろう!と感じました。

ほめカードのことを、もっと知りたい!そして、たくさんの方に知ってもらって、みんなの心があったかくなるといいなぁと思い、山形で、ほめカード体験会&ほめカード講師認定講座を開催していただけるというご縁をいただき、講師になりました。

講座を行うときは、終始わくわく感一杯で、参加の方と同じくらい・・?それ以上に暖かさ、幸せ感で一杯になります。ほめ笑い講座の回数を重ね、自分の意識の変化も感じることが出来ました。

二十名ほどの講座の後に、男性の方から、『父を思いながらひいたカードには「無条件で愛しています」と書いてありました。涙がでそうになりました・・・。』とのお手紙をいただきました。

大切な方・忘れていたこと・等を思い出し、普段自分で意識していない無意識をも、ほっとさせてくれるほめカード。

たくさんの方に、こんなあったかい気持ちになってもらえたらいいなと思います。

山形県 柴田智子さま

言葉には波動があり、人をほめることは自分をほめることと同じであり、
地球ほめ笑い企画は、すべての動機が「愛」であることを目指していることを教えていただきました。
笑うこと、それに負けないほめること、とてもほっこりした気持ちになります。
「ほめカード」1枚を通して幸せを感じ「自己紹介ほめトランプ」も凄いと思います。
仲間の普通では聞けない人生経験を聴くことができたり自然と心が通じあいます。
「ほめカード」の愛のある言葉が、そこにいる人みんなを幸せにしてくれます。

これからも 愛・感謝・思いやりを大切に、いつも「ありがとうございます」の言葉で

「ほめカード」・「自己紹介ほめトランプ」に感謝していきたいと思ってます。

神奈川県 岡野万里子様

〜 ほめ笑い エピソード 〜

ほめ笑いに出会ってから、社会の中で、生きやすくなりました。

ほめ笑いを継続して、大きく変化したことは、人の顔色を気にしなくなったことです。

これは、世の中を健全に生きていく為には、とても重要な事だと思います。

人を笑顔にしたい。

そんな想いが漠然と子どもの頃から抱いていましたが、特に勉強優秀な訳でもなく、運動神経が良い訳でもなく、特技も特になく、自分に自信もありませんでした。

というか、【自信】って、なんだろう…。と、心の内に疑問を感じながら、30代まで生きてきました。

ただ、割と人見知りはなく、笑う事は好きで、愛想は良い方だったと思います。

人を笑顔にしたい想いは、もしかすると、人の顔色を伺っていた。

嫌われたくない。相手が私に笑顔で接してくれる事で、自分が安心する。

そのような事だったかもしれません。

ほめ笑い講座に初めて参加したのは、2018年で、今から2年くらい前です。

友人から紹介してもらいましたが、どんな事をするのか説明してくれますが、いまいち分かりませんでした。

ただのカード遊びかな⁇ でも、その友人は、これはすごいんだ‼︎と熱弁してくるので、そこまで言うなら…と、とりあえず講座に参加したのがきっかけでした。

しかし、講座に参加しましたら、この奥深さに驚きと感銘を受けました。

今まで、心理学やお坊さんのお話しとか、コミュニケーション法、自己啓発的な本とかは、興味があって本を読んだりしていましたが、ほめ笑い講座は、それらの本質部分を掴んで、頭だけではなく、体感として学んでいくものだったので、これはすごい‼︎と、感動しました。

自分で自分をほめる事が、革命だったのです。

今まで、どれだけ他人からの評価を求めていたか。それによってどれだけ落胆したり、傷ついたり、一喜一憂していたことか。人を笑顔にしたい。いやいや、まずは自分自身を満たす事からでしょ。

と、ほめ笑い講座が体感を通して教えてくれました。

どんなにやっても周りから評価されない。ありがとう。と言われない。

自分の思いとは裏腹に受け止められてしまった…。世知辛い世の中だ…。なんて何度思った事か…。

しかし、だからって、いちいち落胆する必要はない。

自分で自分を認めて許して、よくやっているじゃん♪って、胸に手を当てて自分から自分へ伝えてあげると、今までにないほどの安心感と、喜びが。

どんな自分だって、生きてるだけで素晴らしいんだ。と、認めてあげる事で、やっと、他人へ、力を抜いて受容する事ができる。この事に気づいた事で、早速、ほめカード講師になる事を決意しました。

手帳に1週間分のほめメッセージを書いて、毎日、その日その日のほめメッセージを鏡の前で自分に伝えていました。それを繰り返していく内に、自分で自分を認めて許して、ほめる事が習慣化されました。

今では、失敗しちゃったり、今までなら凹んでた事でも、まぁそれでも良くやってるよ。偉い、偉い。と、自分を励まし、ほめる事で、他人からのありがとうや、笑顔がなくても気にする事がなくなりました。

そうなると、恐れが緩和されていき、安心して人とコミュニケーションをとる事ができるようになっていきました。

知り合いがいない状況に置かれても、自然体でいられて、心地良い距離感を自分の中で保ちながら、その状況を楽しむ事ができるようになりました。先に言葉ありき。とりあえずの言葉でさえも、思考を先導し、感情までも影響を及ぼします。

そして、自然と笑える、微笑む事で、自分の包み込んでいるバリアみたいなものが、一気に、キラキラと輝きだすような感じがあります。

頭を使わずに、遊び感覚で自分を持ち上げる事ができる。

そして、今では、根拠はなくても、自分に自信を持つ事ができています。

自分で、自分を認めて、ほめる事ができる。これが自分への自信に繋がっています。ダメダメな自分でさえ、信じる事ができるようになりました。そこが、他の多くの方よりも変化と成長を感じています。

初めて会った方でも、一緒にいるとなんだかリラックスする。と、言われるようになりました。

この革命的な、ほめ笑い講座を多くの方にも体感して欲しいなぁ。と、少しずつですが、講師として活動をしています。

多くの方が、自分で自分を幸せにできたら、どれだけ豊かで平和で愛の溢れる世の中になるだろう。

ぜひ、多くの方に、ほめ笑い講座を、説明聞くだけでなく、どんどん試していって欲しいと思います。

ほめ笑い講座の生みの親、アイラさん、珠喜さんに感謝です。紹介してくれた友人にも感謝です。

新潟県 渡辺恭子様

2020年春からオンラインでほめカードのセッションを行っています。

対面開催をしていた頃も同じ傾向でしたが、ご参加の99%はラフターヨガ(笑いヨガ)愛好者。

普段から笑ったりほめ合ったりすることに比較的慣れています。

ですから、セッション前からすでに笑いが起きることも(笑)

ところが、最近その状況に変化が出てきました。

Facebookやブログでほめカードを紹介する私の投稿を見たラフターヨガ未経験の友人たちが、ほめカードに興味を示して無料お試し会や有料の体験会に参加するようになったのです。

体験後のご感想(一部抜粋、加筆修正あり)

・童心に帰る楽しい時間でした

・受け取る側と伝える側、どちらも身も心もぽかぽかになります

・無防備にほめられると「わ〜い!」と受け取れて、周りも喜んでくれるのでホントに満たされていくのを体感しました

・簡単でシンプルだけど、脳内幸せホルモンであったかい気持ちになりました

・初めての人とでもほめ合うことですぐに仲良しになり、大笑いをする楽しい時間でした

・人をほめることは自分をほめることなのだと気づきました

これらのご感想を寄せてくださったのは、私が活動するタロット占いの仲間たち。

カードを使ってお客様の心に寄り添う仕事をしているため、ほめカードの良さをすぐに体感したのだと思います。

皆さますぐにほめカードをご購入いただいたので、それぞれのお客様に向けてほめカードを使っていくことでしょう。

これまでラフターヨガの仲間たちを中心に広がっていたほめカードが、まるで新たな世界への扉を開いたようです。

私は心から嬉しく思います。

これからももっと広い世界へ向けてほめカードを発信し、必要とする人へ届けたいと願っています。

神奈川県 牟田園美智子様

「対面・ほめカード講師認定講座の感想」

ほめられることの喜びを体中で感じ 自分が輝きを放っているかのようです。

顔がほころんで笑っている自分に気づき 幸せいっぱいになりました。

カードに導かれて 自分や他の人をほめることが お互いにとってもいい影響を与えることを実感しました。ウキウキ気分でワクワクした とてもうれしい気持ちです。

自分が体験した「ほめられてうれしい・幸せ」の気持ちを 家族友人などたくさんの人に感じて欲しいと思っています。高齢者の方とのコミュニケーションの場でも活用してみます。

オンライン「ほめカード」講師認定講座
石川県 西 直子さま

この講座を受講するにあたって、「ほめカードを使って、自分自身はもちろん自分の周りの人たちも、ありのままの自分を認めて、よりハッピーな人生を送る」という私の目標を立てました。

受講内容は言うまでもありませんが、皆様と私で過ごせたことが1番の喜びになったと思います。

皆さまの溢れる愛に包まれて学ぶことができ、最幸の2日間でした。

自分自身をありのまま認める作業はこれまでの人生の学びの中で色々やっていますが、ほめカードのシャワーをジャーっと浴びたことによって、より自分のハイアーセルフさんと繋がることができました。

「生まれてきてくれてありがとうございます」のカードは、日ごろより当たり前だと感じている両親やご先祖様に対する感謝の気持ちでいっぱいになり涙が出ました。

私の誕生日には「生んでくれてありがとうございます」とお花を両親に贈ります。

様々なワークを通して、一つ一つ奥が深く、何か繋がりや必然性、ご縁を感じました。

自分の直観が潜在意識と繋がってくるのでしょうか。

これから笑いヨガとほめカード&自己紹介ほめトランプのセットのお試し会をどんどん企画し、広めていきたいと考えています。

今は教員という立場で自分ができることは微力ですが、是非生徒や保護者や先生方に体験していただきたいです。

退職後に向けて、経験を積んでいきます。

オンライン「ほめカード」講師認定講座
奈良県 岩渕恵美子さま

オンラインほめカード講師認定講座を受講して・・・

今回の講座受講は私にとって予想以上に素晴らしいものでした。
ほめカードの学習をして、なるほどと感じ入りました。
子どもが生まれて来てくれた時はそれだけで嬉しく、愛おしく幸せなはずなのです。

これが、親子関係の原点かもしれません。

その気持ちを大切にしてくれる言葉が、「生まれてきてくれてありがとうございます」なのでしょう。

そして、定義を知ってから、夜にもう一度一つ一つのカードの言葉を読み直していくと、

全ての言葉の底には確かに「存在そのものをありのまま認める」という繋がりがありました。
よく考えてみると当然のこととも言えますが、逆から見て、やっと気づいたという状況でした。
そしてこの時、ふと思い出された言葉がありました。

「鈴と、小鳥と、それから私、みんなちがって、みんないい。」

「みんなちがってみんないい」

という金子みすゞさんの詩の言葉が私には定義とぴったりするように思えました。

みんながこのように感じられたら、気持ちの持ち方にもゆとりができて、

社会の見方も少しずつでも変わるかも知れない。

ほめカードの認識が変わり、とても意義深く感じ取るようになりました。

ありがとうございます。